副作用について知ろう | EDの症状はスーパーPフォースで治療しよう

副作用について知ろう

カプセルを取り出した様子

ED治療に使用されるスーパーPフォースのようなED治療薬を使用したい……そう思った時には、ED治療薬を服用した際に発症する恐れのある副作用について知っておきましょう。
この副作用というのは、薬を服用した際に起こり得る副次的な作用のことを指すのですが、実はED治療薬の副作用の中には、放置すると慢性的な勃起不全になってしまう可能性のある、非常に恐ろしい副作用が存在しているのです。
なので、もしED治療薬を服用しようと思っているのであれば、そのような危険な副作用から、軽度の物まで、様々な副作用について知っておきましょう。

まず軽度の副作用として、頭痛や目眩、ほてり、目の充血などがあります。
これらの症状というのは、ED治療薬の効果である血管の拡張作用が発生した際に起こるもので、血管が拡張したことが原因で脳が圧迫される、顔に血がめぐるようになる、白目の血管が拡張する……というようなことが原因で発症します。
一見すると恐ろしい作用のように感じるかもしれませんが、これはある種正常な反応でもあるので、もしこの副作用が発生したら、今体の中を薬が巡りに巡っている……という風に、ポジティブに考えながら痛みやめまいが和らぐのを待ちましょう。

そして、ED治療薬の恐ろしい副作用として持続勃起症と言うものがあります。
この症状というのは、薬効が効き過ぎることによって勃起が止まらなくなる……という症状なのですが、この症状を放置すると陰茎内の血管が破裂し、慢性的な勃起不全を発症します。
なので、スーパーPフォースを服用した後に明らかに何かがおかしい、と思うほどに勃起が止まらなくなった時には、すぐに病院に向かい、医師の診察をうけるようにしましょう。